輪ゴムマジック 種明かし



野島伸幸の種明かしから学ぶ輪ゴムマジック

将棋の棋士や詰将棋作者が常に次の作品を研究し続けるように、マジシャンも常に次の手品を考えてそれを人前で披露出来る出来映えにまで磨き上げていきます。

これは輪ゴムマジックの世界でも同じことです。

種明かしをしてもなお凄いと思わせる仕掛け。

これこそマジックの醍醐味と言ってもいいでしょう。

マジックを研究し続ける人物の一人が野島伸幸氏。

マジシャンというよりはレクチャー、つまりマジックの教師としてその名を知られる方ですが、彼が記したオリジナル作品を収めたレクチャーブックがウェブ上で発売されています。

教則本というと難しそうな印象がありますが、まだ二十代そこそこで記された彼のレクチャーブックは絵柄もふんだんに使われざっと見ているだけで面白そうな印象を抱かせます。

他のマジック作品も面白いのですが輪ゴムマジックも、古典作品を応用し今でも通用する工夫が凝らされています。

しかし、基礎ができていない初心者は購入してもお蔵入りでしょう。

まずは、海田洋祐の「ザ・イントロダクション」で基礎から応用まできちんと対応できるようなテクニックと知恵を身につけてください。

「ザ・イントロダクション」で体系的なマジックをマスターしてしまえば、後はどんなマジックでも簡単に身につけることができるのですから。



さぁ今すぐ「ザ・イントロダクション」を受講して、家族や友人、恋人など、たくさんの人をプロの技で驚かせてあげてください。



inserted by FC2 system